AKIBANET☆アキバネット

レアな萌えフィギュア・グラビア・声優・アニメ・ゲーム・トレカ・コスプレ衣装・PC・ミリタリー・BL系などをA8ショップの中から毎日送料無料で1番安く売っている店を紹介!          只今ヤフオクに大量出品中!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国市場でPS3が深刻な売上減、CNNは「沈みゆく船」と酷評

【Technobahn 2008/12/17 12:00】11月の米市場でのPS3の売上台数が
前年同月比18.9%減の37万8000台に止まるなど、深刻な出荷減少と
なっていたことが米市場調査会社、NPDグループが発表した資料により明らかとなった。

 競合するマイクロソフトのXbox360は前年同月比7.6%増の83万6000台、
首位の任天堂のWiiは前年同月比2.1倍の204万台と米国市場では既に、
家庭用固定ゲーム機の勝敗は付いたとする見方が浮上してきている。

 CNNの専門サイト「CNN Money」で人気を呼んでいるコラム記事
「SILICON ALLEY INSIDER」では、PS3が米国市場で伸び悩んでいる要因として

(1)競合機種と比べて値段が高すぎること
(2)50インチ以下のTVで見る限りブルーレイであってもDVDであっても
大した差はなく、高価なブルーレイを搭載していることに一般消費者は関心を寄せていないこと
(3)PS3には売上げを主導する起爆剤的なソフトタイトルが存在してないこと

 の3つを挙げた上で、PS3は「沈みゆく船(Sinking Ship)」と酷評する
記事を掲載してPS3が騎手挽回ができる唯一のチャンスは値下げしかないと述べている。

 曰く、「確かにPS3のグラフィックスはすばらしいかもしれないが、
200ドルでXbox360を入手できるこのご時世に400ドルも出してPS3を
購入しようと考える人は誰もいないだろう」と。

 出井伸之社長の元で1990年代半ば以降、急速に業績が悪化する結果となったソニーは、
2005年にハワード・ストリンガー氏が新CEOに就任することで経営挽回するかのような
兆しもでていた。しかし、今月9日には再び、大規模なリストラ策を発表するなど、
ここにきて再び、業績悪化が表面化してきている。画像を拡大する
スポンサーサイト
ソニーがまた敗訴した。テキサス州の陪審員団は米国時間11月18日、
「PlayStation Portable」(PSP)とその他いくつかの同社製品が、
Agere Systemsの持つメモリチップに音楽ファイルのヘッダ情報を
保存する方法に関する特許を侵害しているという判断を下した。
Tyler Morning Telegraphで報じられたところによれば、陪審員団は
ソニーは故意にこの特許を侵害したと判断し、Agere Systemsに対し
1850万ドルの特許使用料請求権を与えた。

 この訴訟が2006年3月に届け出られた際には、申し立てには他の
7つの特許に対する侵害も含まれていたが、現在までの間に
申し立ての数は減らされていった。また、訴訟が申請された後で
Agere Systemsは存在しなくなり、半導体とソフトウェア技術を
専門とする企業であるLSI Corporationと2007年に合併した。

 ソニーが特許侵害の裁判で敗訴するのはこれが初めてではない。
2005年には、ソニーはPlayStationとPlayStation 2(PS2)の
「DualShock」コントローラが持つ振動機能に関して、
Immersion Corporationにが保有する特許を侵害したとして、
裁判官から9000万ドルの支払命令を受けている。ソニーは、
PLAYSTATION 3(PS3)に同梱されていたオリジナルの「Sixaxis」
コントローラから振動機能を取り除いたが、その後
Immersion Corporationとの関係を修復し、DualShock 3に
対するライセンスの提供を受けた。
マイクロソフトのXbox360事業、ついに利益を上げる

マイクロソフトが24日発表した昨年10 - 12月期決算はVistaやOfficeの好調で過去最高となる163億6700万ドル
の売上高・前年同期比87%増となる64億8100万ドルの営業利益という内容でしたが、万年赤字事業だった
Xboxもついに黒字転換を果たしています。
Xbox 360やPCゲームおよびポータブルプレーヤのZuneなどを含むEntertainment and Devices Division (EDD)
の決算内容は、07年12月末に終わる四半期の売上が30億6000万ドル、営業利益が3億5700万ドル。6カ月(財
務年度08前半)では売上49億8900万ドル、利益が5億2400万ドル。前年同期のマイナス4億2300万ドルから一
気に利益の上がる事業になりました。
内容としてはよほどバカ売れしたPCゲームがあったりどこかの宇宙人や未来人がZuneを大量購入したというわ
けではなく、「主にXbox 360プラットフォーム。Xbox 360ビデオゲーム、Xbox LIVEの収入およびXbox 360アクセ
サリの売上による」。ゲームソフトの好調はもちろんマスターチーフが牽引したもので、Xbox
360本体は6カ月で610万台、Halo3は482万本を販売しています。またシュリンクや改良で本体製造コストが下がったこと、Xbox
360ブランドを浸透させるプロモ費用が下がったことも理由。
もともとEDDはマイクロソフト全体の戦略からすれば単体で利益を上げる必要がないとすら言われてきましたが、
直近の3カ月・半年だけを見ればまともに稼げる部門に変身したことになります。マイクロソフトによればXbox 360
用ソフトの好調から通期でも黒字を確保できるんじゃないかしら、とのこと。RRoD問題の特損10億ドルを前年に
押し込んでおいたのが効いたようです。
米国市場でPS3が深刻な売上減、CNNは「沈みゆく船」と酷評

【Technobahn 2008/12/17 12:00】11月の米市場でのPS3の
売上台数が前年同月比18.9%減の37万8000台に止まるなど、
深刻な出荷減少となっていたことが米市場調査会社、
NPDグループが発表した資料により明らかとなった。

競合するマイクロソフトのXbox360は前年同月比7.6%増の83万6000台、
首位の任天堂のWiiは前年同月比2.1倍の204万台と米国市場では既に、
家庭用固定ゲーム機の勝敗は付いたとする見方が浮上してきている。

CNNの専門サイト「CNN Money」で人気を呼んでいるコラム記事
「SILICON ALLEY INSIDER」では、PS3が米国市場で伸び悩んでいる要因として

(1)競合機種と比べて値段が高すぎること
(2)50インチ以下のTVで見る限りブルーレイであってもDVDであっても
大した差はなく、高価なブルーレイを搭載していることに一般消費者は関心を寄せていないこと
(3)PS3には売上げを主導する起爆剤的なソフトタイトルが存在してないこと

 の3つを挙げた上で、PS3は「沈みゆく船(Sinking Ship)」と
酷評する記事を掲載してPS3が騎手挽回ができる唯一のチャンスは値下げしかないと述べている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。